読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳児ボツリヌス症の悲劇を繰り返さないために

こんにちは、しおうめパパです。
乳児ボツリヌス症の悲劇を繰り返さないためにの記事です。

乳児ボツリヌス症状の悲劇

皆様も既にニュースをご覧になっているかと思いますが、悲しいことが起こってしまいました。

headlines.yahoo.co.jp

Yahoo!ニュースのコメント欄とかを眺めていると、「乳児にハチミツを与えてはいけないことは常識だ。」と、言われています。ただ、恥ずかしながら僕は子供が生まれるまでそんなことは知らなかったわけです。同じ悲劇を繰り返さないために、ハチミツ以外にも乳児に与えてはいけないものをおさらいします。

乳児に与える時に気をつけるべき食材

クックパッドに赤ちゃんに食べさせてはいけない食材という記事があります。この中でハチミツは太字で明記されています。

news.cookpad.com

上記の記事では

1.窒息の危険がある食材
2.アレルギーを起こす危険がある食材
3.食中毒を起こす食材
4.塩分、油脂分、油分のある食材

と、大きく4つの危険因子を挙げています。ハチミツはこの中でも3の食中毒を起こす食材に分類されていました。具体的な食材についてはクックパッドの記事を参照してくださいませ。

我が家の体験談

僕は1歳の娘がいます。牛乳はアレルギー食品のため、1歳までは与えないことが推奨されています。1歳になってからすぐに、「牛乳はそろそろ大丈夫かな」と100mlほど与えました。朝にあげて日中はなにもなかったのですが、夜中になって突然嘔吐。一概に牛乳だけが原因かはわからなかったのですが、はじめての食品は慎重にあげようと改めて思いました。

まとめ

乳児ボツリヌス症で亡くなったお子様、自分の娘がもしそうだったと思うと本当にいたたまれない気持ちになります。

ハチミツは自然派食品と言われたり、クマのプーさんが食べていたりと、なんとなく子供も安心して食べられる食材のイメージがあります。無知が悪いという話ではまとめることができないと感じます。

例えば、出産予定の夫婦に対して、生命に関わるような重大事項に関する講習を受けてもらうようにするとか。そういったプッシュ型の情報発信も必要なのかと思います。それと同時に、新しい家族を迎い入れる夫婦は、積極的に自分から情報を取っていくことも忘れないようにしなければ。ですね。

亡くなられた赤ちゃん、せめて天国で幸せにと思います。ご冥福をお祈りします。